So-net無料ブログ作成
検索選択

音楽を聴きながら、安全に自転車に乗るには [自転車グッズ]

どうもどうも
皆さんは、自転車に乗ってるときに、イヤホンをして音楽を聞いたりして無いですよね!
これって、割と良く見かける光景です。
あと、ポケットに片手を突っ込んで乗ってたり、ひどいのはメールを読みながら乗ってたりします。
どれも、自分自身が大変危険なだけでなく、他人にも危険なので、やめてほしいところです。
と、愚痴ってもしょうがないので、こうゆう場面に遭遇したら、なるべく近付かないことにしてます。

話を元に戻しますが、自転車に乗りながら安全に音楽を聴く方法は、

1、iPhoneスピーカーを付ける。

2、骨伝導のイヤホン(耳の穴を塞がないヤツ)を使う。

これぐらいしか思い浮かびません。

一番簡単なのが、1 のスピーカーですね。
2のイヤホンも、少しお高いですが、売られてます。
購入さえすれば、簡単に実現できそうです。
ネットで調べると、耳の後ろ側に有る骨のところを挟むように装着する見たいです。
イヤホン本体は、防水仕様みたいで、水中でも使えるみたいです。(最も、音源自体が防水である必要が有りますが・・・・)
骨伝導って携帯電話にもありましたよね。
実際にどのように聞こえるかは、試してないので分かりませんが。

でも、どちらの方法にしろ、音量を上げて、外部からの音をマスキング(かき消す)してしまっては、イヤホンで耳を塞いで、乗ってるのと変わりなくなってしまいます。
しかし1の方法ですと、どんなに頑張っても廻りの音をマスキング出来る程は音量を上げる事が出来ません。
とは言っても、小さな、何気ない音に、いろいろな兆候(曲がり角の向こうにいる車のエンジン音とか)が隠されてるのです。
従って、安全に音楽を聴きながら、自転車に乗るには、周囲の音が聴こえるくらいの音量で聞く事だと思います。
そうなると、周囲の音と一緒に耳に入ってくる、スピーカーの音が最も安全だろうと思います。
(でも、本当に安全に気をつけるならば、音楽など聞きながら乗るな!!というのが正解だと思いますが!!)
で、天の邪鬼な私としては、スピーカーをつける事にしました。

以前に購入していた、イヤホンジャックに差し込むタイプのスピーカーを使います。
これにも2種類有って、電池駆動のものと、電源の無いものとが有りますが、電池駆動の方が、
音が大きいですので、これを使います。

試しに、取り付けて走ってみると、音は出るのですが、スピーカーが振動で回転してしまいます。
そこで、アルミの板に滑り止めのゴムを張って、即席のホルダーを作りました。
CIMG0065-1.jpg

見栄えは良くないですが、これで暫く使ってみようと思います。

ではでは~~

タグ:音楽
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。