So-net無料ブログ作成
検索選択

ハンドルのウレタンゴムを取り換えた [折畳み自転車]

どうもどうも
17日の金曜日に、自転車のハンドルのウレタンゴムを替えに、和田サイクルの仮店舗まで行きました。
私の自転車のハンドルは、Pタイプです。
最近、右の上角がすれて穴が明き、ハンドルの銀色が見えてきました。
ハンドルを握るときに、ちょっと前傾になるので、この部分に一番体重がかかるのでしょう。
数日前に電話をして、在庫が有ることを確認しましたが、その際に、ゴムの取り換えは時間がかかるので、
平日に来た方が良いよと言われました。それで金曜日に行ったのです。
先客が2組いましたので、しばらく待っていよいよ私の番です。
和田さんの話では、Pハンドルは、ゴムを入れるのがとても大変だとのこと。
今回も、潤滑剤の代わりに、ゴム糊をウレタンゴムの内側に塗って(はたして糊が潤滑剤になるのか疑問でしたが)
さらに、エアーを吹き込みながら、入れていきました。
2人で、自転車を抑え、和田さんが、グイグイとねじ込んでいくのですが、なかなかはいって行きません。
片方をねじ込み終わるのに、渾身の力を入れながら、約15分間格闘しました。
両方のハンドルのゴムを装着し終わったときには、和田さん、汗まみれになってしまいました。
新しいゴムは、最初のものより少し硬い感じがします。その為、握った時につぶれないので、少し太く感じます。
和田サイクルでは、Pタイプを50台位販売したそうですので、そのうち、50回はハンドルゴムの取り換えで、和田さんが大汗をかくことになりそうです。
ゴムが、新しくなっただけですが、何か、新車になったような気分で、気持ちが良いです。

さらに、このところ立て続けに2回パンクした前輪を、チューブ・タイヤとも新しくしました。
Pタイプには、オリジナルで、グリーンラベルのリフレクター付きタイヤが付いていたのですが、
あいにく在庫のグリーンラベルでリフレクター付きが無かったので、通常のグリーラベルにしました。
(最近、リフレクター付きタイヤが出回っています)
新しいチューブはエアーバルブが根元まで金属のものに変わってました。
ナットでしっかりとリムに固定できます。
以前の、バルブの根元がゴムのものは、ポンプをバルブに装着するときに
どうしてもバルブの根元に負担がかかるらしく、ゴムが切れてエアー漏れを起こし、取り替えたことが有りました。
これで少なくともエアーを入れるときの気の使い方が減るようになります。
そのうち後輪も、チューブを変えようと思います。

Pハンドルのゴム取り換えは平日にしてね!!!の意味が良く分かった1日でした。
ではでは~~!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。