So-net無料ブログ作成
検索選択

フロントライト&ダイナモ新調計画-その8の2 [折畳み自転車]

今週の日曜日に新しいブラケットに取替えに行ってきました。
新しいブラケットは、アルミから削り出したもので、肉厚でしっかりとしていて、軽かったです。
早速、付け替えてもらいました。
今度のものは、今までと違って、フロントブレーキアームの下をくぐってライトを支えるようになってました。

削りだしだけに、仕上げも美しく、満足です。

で、バッグを取り付けてみると・・・・・・・・!

バッグの底にライトが当たってしまいます。
よくよく、バッグを見ると、バッグの底が荷物の重みで垂れ下がっています。

自転車屋さん:十分にクリアランスがあるはずなんだけど・・・。

これは明らかに私のバッグの方が問題です。
フロントバッグには、パニアもツーリングパニアも、底の部分に、プラスティックの底板が芯に入っていて、それを挟むように、外部の底布と、内部の布の底板があります。そしてそれらを四隅で、ハトメ状の金物で止めてあります。
この芯が、荷物の重さで変形してしまったのです。

私 : 底の隙間に、アルミの板でも入れて、底の位置を正常に戻せば、問題なく使えるので、これで使ってみます。

自転車屋さん : 使う人の状況によってバッグの底が当たり得るので、もう少しライトの取り付け位置を下げてみます。次のブラケットを削り出している最中なので、位置を下げましょう。
今後、地方のお客さんなどに使ってもらうときに、底が当たったらバッグに補強板を入れてくださいとは言えません。後、1cm下げれば十分クリアランスが出来ますので、作り変えます。
次のが出来るまで、ライトをねかせて使ってもらえますか。

店長さんの申し出で、再度新しいものが出来るまで待つことにしました。

書き忘れましたが、この新しいアルミ削り出しブラケットのお値段は、「いりません!今回はプロトタイプということで、こちらも勉強させてもらっていますので!」との店長のお言葉でした。
作り直しのことといい、金額のことといい、感謝の言葉もありませんでした。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

obakimi

こんにちは。
試行錯誤は続きますねー。
美しい仕上がりになっているのに残念ですね。
でも、もう少しですね。
by obakimi (2006-07-21 07:54) 

snowmantaka

obakimiさん、こんにちは。
後、一歩というところまで来ました。
本当は、自転車屋さんのやる事は完了していて、後は私のほうの問題だと思うのですが、店長さんの意見にプロのポリシーを感じて、お言葉に甘えることにしました。
でも、「どうしてもオーバルセンソ・プラスを付けたい」という強い気持ちが無かったら、途中であきらめて、丸型のライトにしていたと思います。
カスタマイズは思わぬことが起こりますよね~!
by snowmantaka (2006-07-21 08:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。